紛失・盗難

カードの紛失・盗難に気づいたら、すぐにJCB紛失盗難受付デスクへご連絡を!

万一、 カードの紛失・盗難に遭われたとき

紛失・盗難のお届けは、24時間体制で受け付けています。しかも、万一カードが不正使用されても、お届けいただいた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を当社が負担。現金とは違う、カードならではの安心をお約束します。
※ 会員規約「暗証番号」および「カードの紛失・盗難による責任の区分」の規定により、暗証番号を使用された場合の不正使用被害は会員の方のご負担となります。

JCB紛失盗難受付デスク

日本国内連絡先
プッシュ回線 #8400

東京  03-5778-5300
大阪  06-6946-9733
福岡  092-712-5599
札幌  011-222-3016
※ 電話番号は、お間違いのないようおかけください。
なお、#からはじまる短縮ダイヤルは携帯電話・PHSからはご利用いただけません。
※ カードの再発行には所定の手数料を申し受けます。
海外緊急連絡先
JCB紛失・盗難受付ダイヤルはこちら

こんな手口にご注意!

●電車内や駅でのスリ

深夜の電車内や駅のホームで、眠り込んでいる人から、貴重品や鞄を盗む手口。人気のない電車内や駅のベンチでの居眠りは禁物です。

●駐車中の車からの盗難

駐車場に停めた車から貴重品を盗む手口。ドアにロックをしても、車を離れるときは、貴重品は車内には置かず、常に身につけてください。

●飲食店などの店内でのスリ

飲食店や理髪店、遊技場などで、椅子や壁に掛けた上着や鞄から財布などを抜き取る手口。 貴重品は肌身離さず持つようにしてください。

●ご注意ください 「くじ」 「ギャンブル」について

最近、インターネットやDM等で、海外で実施されている「宝くじや馬券、スポーツ勝敗予想などのギャンブル」の案内が見受けられますが、国内で正式な許認可を得ていない団体等が販売する「宝くじやギャンブル」の購入は、わが国の法律で禁止されています。

●偽造カードの被害が急増しています!

最近、スキミングという手口による偽造カードの被害が発生しています。スキミングとは、タバコサイズのカード情報読取装置などで、クレジットカードの磁気データを盗み取り、他のカード(偽造カード)にコピーして不正使用する手口のことをいいます。
偽造カードは一見、本物と見分けがつきにくいほど精巧に作られているため、未然に被害を防止できない場合もございます。
※当社ではこうした偽造カードの被害を抑止するため、加盟店でのご利用の際に、お電話で「ご本人様であること」を確認させていただく場合があります。何卒、不正使用防止にご理解・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

カードの使用・保管時の注意点
  • カードを利用する際は、極力自分の目の前で処理してもらいましょう。
  • 財布やカードケース等の貴重品は、長時間手元から離れることのないようにしましょう。
  • カードはむやみに他人に渡さないようにしましょう。また、所持するカード枚数は随時確認しましょう。

カード盗難の詳しい情報はこちらをご覧ください。

不正防止・暗証番号

暗証番号にご注意!

最近、カードの紛失・盗難後に、CD・ATMから不正に現金を引き出される被害が多発しています。被害にあったケースのほとんどは、カードの暗証番号に「生年月日」「電話番号」など登録していたためです。このような暗証番号は、カードと同時になくした運転免許証や、診察券などから他人に容易知られてしまうため、大変危険です。
すぐに「あなたにしかわからない番号」へご変更ください!
また、暗証番号を手帳にメモしたり、暗証番号のメモとカードを一緒に持ち歩くのはやめましょう。

●次のような暗証番号を登録している方は、すぐに「あなたにしかわからない番号」へご変更ください。
  • (1)ご自分の生年月日にかかわる番号
  • (2)ご自宅・ご勤務先の電話番号にかかわる番号
  • (3)その他、第三者が容易に類推することができる番号
●お電話にて暗証番号のご照会とご変更を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ