きらやかJCBカーレスキュー365

Q1. どんなサービスが受けられるのですか?

  • (1)ご案内サービス
    車輌の故障・事故発生時に365日24時間いつでも専門スタッフが、応急処置に必要なメカニカルアドバイス、公共交通機関までのご案内、宿泊、ガソリンスタンドのご案内を行います。
  • (2)レッカーサービス
    車輌が自走不能となり、現場での応急作業が困難な場合、10kmまでを限度に最寄りの修理工場または、指定先までレッカー車もしくは積載車で、会員のご指定先または、提携の整備工場までけん引もしくは搬送します。
  • (3)現場路上サービス
    現場での応急サービスとして30分程度を目安に現場軽作業を実施します。
    ※作業内容に関してはQ2.をご参照下さい。
  • (4)アフターフォローサービス
    会員の自宅から直線距離100km 以上遠方における事故または故障で自走不能となった場合、以下の何れか1つの緊急サポートを行います。
    • レンタカーサービス
      1,800ccクラスまでのレンタカーの6時間以内の利用料金 (ガソリン代は含みません)を負担します。
    • 緊急宿泊費用サービス
      会員の宿泊料金及び宿泊施設までの交通費を負担します。
      但し、運営者が負担する宿泊料金は15,000円を上限とし、運営者が負担する宿泊施設までの交通費は運営者が指定した交通機関の利用料金とします。
    • 帰宅交通費サービス
      会員の帰宅手段としての、電車、バス等の公共交通機関もしくはタクシーの利用料金及び最寄の電車駅もしくはバス停までの交通費を負担します。
      但し、運営者が負担する電車、バス等の公共交通機関もしくはタクシーの利用料金は20,000円を上限とし、運営者が負担する最寄の電車駅もしくはバス停までの交通費は運営者が指定した交通機関の利用料金とします。

Q2. 30分程度の現場軽作業サービスの主な内容は?

  • (1)バッテリー上り時のジャンピング作業
    現場にてケーブル接続し、エンジンを始動させます。
    ※バッテリーの充電費用は対象外となります。
  • (2)鍵閉じ込み時の開錠作業
    国産車の一般シリンダーキーを開錠の目安とし、車内に鍵を閉じ込めた場合に限ります。
    ※トランクに鍵を閉じ込めた場合は除きます
  • (3)パンク時のスペアタイヤ交換作業
    ※スペアタイヤ1本まで交換します。
  • (4)ガス欠時の給油作業
    10リットル程度を目安とし、ガソリン代は会員負担となります。
  • (5)落輪車両の引上げ作業
    落差1m以内でタイヤ1本落輪している場合の車両の引き上げ
  • (6)その他の応急作業
    オイル漏れによる点検・補充、フィルタの交換、冷却水の補充、各種バルブ、ヒューズの取替え、ボルトの締め付け、サイドブレーキ固着解除等の作業。

※上記以外のサービスについては、有料で実施します。
※部品代・油脂代は会員負担となります。

Q3. ロードサービスの対象車種は?

3,000㎏未満の自家用四輪車が対象となります。
※個人所有、法人所有、レンタカーは問いません。
※事業用車輌は除きます。

(ご参考)
車輌重量等は車検証に記載されています。
また、事業用車輌はナンバープレートの色で判別可能です。
●下地 白(普通・小型)、黄(軽)……自家用車輌
●下地 緑(普通・小型)、黒(軽)……事業用車輌
 ※二輪車(原付・自動二輪)、大型・大型特殊、事業用、違法改造車、車検切れは対象外となります。

Q4. 会員の負担となるものは?

Q.1、Q2.で説明した範囲であれば、会員の負担はありません。
但し事故・故障の状況により会員負担となる場合は、コールセンターのコミュニケーターもしくは作業実施者から会員負担となる理由と料金の目安を会員に伝え、了承の上で作業を開始します。

  • 電子ロック等特殊構造の鍵や盗難防止装置等が付いているなどにより開錠が困難な車両の運搬・開錠にかかる費用実費。
  • バッテリーの充電費用。
  • タイヤ補修剤等によりパンクの応急処置を行う場合の補修費用およびタイヤ補修剤等代金実費。
  • 給油ガソリン代金実費。
  • その他、交換・備付等を行った部品の代金、および補充・交換等を行った消耗品の代金実費。
  • ドーリーの使用等特殊作業を要する場合の特殊作業費用実費。
  • サービス実施者が現場往復に要した有料道路・高速道路等利用料金およびカーフェリー乗船料金等、ならびにサービス実施に必要となった有料駐車場利用料金実費。
  • タイヤが2本以上落輪している車両の引上サービス費用実費。
  • 車両が建物等に追衝突等した場合の車両引出し作業費用実費。
  • サービス実施者が出動したにも拘わらずサービス適用外であった場合
    (出動後にキャンセルされた場合も含む)の出動費用実費。

※サービス附則第3条抜粋

Q5. 無料サービスで対応できないケースは?

  • (1)キーの閉じ込み
    • ヘルパー工具を使用して開錠できない場合(特殊構造の鍵・セキュリティ装置付車両等)。
    • 車両が他人名義の場合(但し、当該名義人その他当該車両のすべての権利者が開錠に承諾した場合を除く)。
    • 会員またはサービス実施者がスペアーキーを取ってくる方が便宜であると運営者およびサービス実施者が判断した場合。
  • (2)落輪・落車等
    • タイヤが2本以上落輪している場合、または落輪本数を問わず落差が1mを超える場合の落輪車両引上。
    • 車両が横転している場合。
  • (3)天候等
    台風・大雨・暴風・豪雪等の異常気象、地震・津波・噴火等の天災地変、もしくは戦争・暴動、または公権力の行使等により、作業が困難または危険な場合。
  • (4)対応できない路面状況・地域等
    道路以外(砂浜等)の場所、レース・ラリーを目的とするなど通常の自動車走行に不適な場所、通行禁止道路・季節的閉鎖道路・工事用道路等一般車両が通行できない道路、出動車両の運行が極めて困難な地域、主管大臣等が通行禁止を指定した地域、離島についてのロードサービスはお断りするケースがあります。
  • (5)その他
    • 故意によるかまたは車両メーカー所定の範囲を超えた使用・改造等による事故・故障等。
    • 無資格、酒酔い運転、薬物使用等法令上禁止されている状態で運転中の事故・故障等、またはサービス実施後に違法運転がなされるおそれのある車両。
    • 航空機・船舶・鉄道・自動車等による輸送期間中の事故・故障等。
    • 違法な改造がなされている車両・車検登録のない車両・特殊工作装置等を装備した車両。
    • 短期間内に同一または類似内容の出動依頼が複数回ある場合。
    • 第三者の所有物の破損、第三者の権利・利益の制限・侵害を伴う可能性がある場合に、当該第三者の承諾が得られない場合。
      ※サービス附則第5条・6条・7条・8条・9条抜粋。

Q6. ロードサービスが必要な場合の連絡方法は?

緊急出動専用ダイヤル「カーレスキュー365デスク」TEL:0120-655-365にご連絡下さい。(年中無休・24時間対応)
携帯電話・PHSからも連絡できます。
会員の確認、事故・故障の状況、現場位置を確認し作業実施者に出動を要請します。

Q7. 会員証を携帯していなくてもロードサービスを受けられますか?

ロードサービスを受ける場合、会員証の提示が必要です。常時携帯していて下さい。
※会員証の提示がない場合は有料となります。

Q8. 事前に車輌を登録しておく必要はありますか?

予め車輌を登録する必要はありません。
カーレスキュー365の会員であれば、その時お乗りの車輌に対してサービスを実施します(レンタカーでも可能)。但し対象の車輌に限ります。

Q9. 家族でも利用できますか?

ロードサービスの利用は本人に限ります。家族の方が必要な場合は、別に申込が必要です。 ※カーレスキュー365家族会員は他のカードと同様に8名までご入会いただけます。

Q10. どのくらいでサービス業者は来てくれますか?

30分前後の到着を目標にしています。
ただし、到着時間は天候・道路状況、トラブル状況、発生場所により差が生じます。

Q11. 離島でもサービス利用はできますか?

礼文島・奥尻島(北海道)、佐渡島(新潟県)、大島・八丈島(東京都)、淡路島(兵庫県)、江田島・東能美島・西能美島・倉橋島(広島県)、西ノ島・島後(島根県)、屋代島(山口県)、小豆島(香川県)、福江島・対馬・壱岐島・中通島・平戸島(長崎県)、天草上島・天草下島(熊本県)、奄美大島・種子島・徳之島・沖永良部島・屋久島・長島・喜界島・下甑島・加計呂麻島(鹿児島県)、宮古島・石垣島・西表島(沖縄県)

以上の離島で利用可能です。

Q12. JAFに加入しているが、同時にサービス提供は受けられるか?

同一の事故・故障等についてカーレスキュー365と他社のいかなるロードサービスを同時に受けることはできません。

Q13. 作業実施者は誰が来るのですか?

株式会社レスキューネットワークの提携する全国約8,500社以上の整備・鈑金工場・レッカー専業者・鍵の専門業者等が出動します。コールセンターのコミュニケーターが会員の位置を確認し現場へ一番近く迅速に対応できる工場へ出動依頼をします。会員へは予め出動前に業者名、到着予定時間をお伝えします。

Q14. 無料サービス範囲を超えた場合の支払いはどうするのか?

会員から連絡を受けたコールセンター及び作業実施者が無料サービス範囲を超える旨を事前に説明します。有料部分については全国標準料金を適用します。超過料金分は作業実施者に直接現金またはクレジットカード払いをしていただきます。
コールセンターでも会員番号をご連絡頂ければクレジットカード支払いもできます。

Q15. 作業実施者が来たら何をしたらよいですか?

事故・故障の状況を説明していただき、作業実施者の指示に従ってください。
会員証の提示が必要なので、必ず携帯してください。
また、作業終了後、作業票にサインをいただきます。

Q16. 高速道路上で事故・故障した場合は?

携帯電話をお持ちの方は「カーレスキュー365デスク」TEL:0120-655-365(年中無休・24時間)にご連絡下さい。
その際、高速道路名・進行方向・キロポスト(道路の両側に100m毎に表示されています)を確認の上ご連絡下さい。
携帯電話をお持ちでない方は、高速道路上にある非常電話から公団を通じて「カーレスキュー365」をご指定の上、電話番号「TEL:0120-655-365」をお伝え下さい。その際、高速道路名・進行方向・キロポスト(道路の両側に100m毎に表示されています)を確認の上ご連絡頂ければ出動手配致します。

※非常電話で連絡した場合、以前は自動的にJAFが出動するケースがありましたが、現在は日本道路公団が指定制度を廃止し、原則として依頼者の希望する会社に連絡することとなっております。

Q17. レッカー移動で10kmを越える場合は?

レッカー移動で10km までは無料サービス範囲内ですが、超過分は会員負担になります。
負担分は以下の通りです。
昼間(08:00~20:00) 500円/1km(税抜)
夜間(20:00~08:00) 600円/1km(税抜)
※ちなみにJAFでは1kmあたり700円です。

Q18. 鍵閉じ込みの場合、車輌が他人名義だったら?

車輌が他人名義の場合、原則として作業は行いませんが、確実にその所有者の許可を得られれば開錠いたします。

Q19. アフターフォローサービスは2重に受けられるの?

「レンタカーサービス」・「緊急宿泊費用サービス」・「帰宅交通費サービス」は重複してのご利用はできません。

Q20. JAFのサービスとどのように違いますか?

ロードサービスに関しては、入会金・年会費・レッカー移動範囲・拠点数・サービス内容に違いがあります。

  カーレスキュー365 JAF
①入会金 なし 2,000円(非課税)
②年会費 1,750円(税抜) 4,000円(非課税)
③レッカー移動範囲 制限なし(10km迄無料) 県境を超えての移動不可
④拠点数 約8,500拠点 1,986拠点
⑤無料サービス レッカー10kmまで無料
30分以内の軽作業
アフターサポートサービス
(レンタカー・タクシー・帰宅交通費宿泊先の手配をし、費用の一部を負担します。送迎サービス)
レッカー15kmまで無料
30分以内の軽作業
レンタカー案内のみ
宿泊案内のみ
交通手段案内のみ

Q21. カーレスキュー会員が同乗していた場合もサービスは受けられるのか?

同乗していた場合、サービスはご利用いただけません。
カーレスキュー365のサービスはあくまでの会員ご本人が運転していた場合にのみご利用いただけるサービスです。

ただし、例外としてはカーレスキュー365本会員の方が運転していた車にカーレスキュー365家族会員が同乗していた場合に家族会員についても本会員と同様にアフターフォローサービスをご利用いただけます。

Q22. アフターフォローサービスを利用した場合の精算方法は?

アフターフォローサービスをご利用の場合、申請に必要な書類を後日、会員のご自宅へ送付致します。
会員の方は一旦費用を全額お支払いいただき、書類にお振込先口座等、必要事項をご記入のうえ領収書を添付し株式会社レスキューネットワークへ郵送いただきます。 書類到着後、内容を確認のうえ株式会社レスキューネットワークよりサービス適用金額を会員の方のご指定口座へお振込いたします。

Q23. 無料サービスを超える場合はいったい幾らくらいになるのか?

車種、トラブルの状況などその時のケースにより対応も異なる為、お答えする事は難しいです。
しかしながら実際に出動要請があった場合、「カーレスキュー365デスク」で詳しい内容をお伺いし、現場の状況を把握したうえで今回の出動に幾らくらいかかるかを会員へ必ず説明したうえで出動しており、料金等のトラブルが起きないよう配慮しております。

Q24. レッカーサービスの無料範囲10kmは高速道路内の距離も含まれるのか?

高速道路内の距離も含まれます。
高速道路、一般道にかかわらずあくまでもレッカー移動した距離です。

Q25. カーコンビニ倶楽部の割引をうけるには?

  • 「カーライフサポートサービス」コールセンターTEL:0120-365-807へお電話いただき、ガイダンスにて「キズ・へこみ直し」メニューを選択していただくか、「カーコンビニ倶楽部コールセンター」TEL:0120-0120-55へお電話下さい。
    ※受付時間:9:00AM~5:30PM(土日祝休)
  • 「カーコンビニ倶楽部コールセンター」は、自動音声応答になっておりますので、メニュー番号「2」を選択いただき、ご用件を登録してください。後ほどオペレーターよりご連絡し、最寄りの店舗をご紹介いたします。
    ※お電話の際には、「JCB カーレスキュー365」の会員である旨をお伝えください。
  • お店にて修理を受ける際に、「JCB カーレスキュー365」カードを提示の上、「カーコンビニ倶楽部5%割引」の適用をお申し出下さい。
    また、「カーコンビニ倶楽部」店舗でも5%割引対象外の店舗やクレジットカード利用不可能な店舗があります。事前に必ず「カーコンビニ倶楽部」コールセンターまでお電話下さい。
    ※直接店舗へお電話やご来店された場合は割引の対象外となります。

Q26. 車検割引をうけるには? <2011.1.4~新サービス>

  • 「カーライフサポートサービス」コールセンターTEL:0120-365-807へお電話いただき、ガイダンスにて「車検サービス」メニューを選択してください。
    ※受付時間:9:00AM~6:00PM(年中無休)
  • 会員様名、車種、カード番号等をお伺します。
    ※お電話の際には、「JCB カーレスキュー365」の会員である旨をお伝えください。
  • 最寄の工場をご紹介します。
    ※受付時間によってはご紹介が翌営業日以降となる場合があります。
  • ご紹介した整備工場にて、「JCB カーレスキュー365」カードにて車検工賃をお支払すると、5%割引となります。
    ※整備工場によっては、税金分のみ現金でお支払いいただく場合があります。
    ※直接店舗へお電話やご来店された場合は割引の対象外となります。

>>きらやかJCBカーレスキュー365へ戻る